サーフヒラメ・マゴチ

シマノ ヒラメミノーSR150が凄い!ヒットパターン解説!

 

ついに!発売になりました!

 

シマノ ヒラメミノーSR150!

 

サーフヒラメ専用モデルだけありとにかく釣れる!ヒラメルアーなのですが、今回、150サイズも追加され更に、いろいろなパターンに対応可能になりました!

そして、発売して直ぐに!釣果報告が!takuyaさん♩おめでとうございます!ヒットパターン解説させて頂きます。

 

湘南サーフでガツっとヒット!パターン解説

 

takuyaさんは、現在 シマノ 熱砂 ヒラメミノーⅢ125Fを、愛用し好釣果を上げている。 とにかく飛距離も抜群!アクションも大きくアピール大!操作性もgood!とお気に入りルアーの一つになっている。

また、ルアーは、使う人が

 

使いやすい!

 

と感じる事も重要。そう言う意味では、シマノ ヒラメミノーⅢ125Fは使い易いと感じる人が多いと思われる。

だから、このヒラメミノーシリーズは、初代からアングラーに愛されている。

 

理由は、使いやすく釣れるから

 

そして、なんと言っても世界初のサーフヒラメ専用ルアー!

 

ヒットルアーは、

シマノ

 

ヒラメミノーSR150F

 

フローティングです。

こちらです!

この、ヒラメキャンディーは、takuyaさんのお気に入り♩かなり釣れる実績カラー!

 

ヒットパターンは

 

スローのただ巻きで、波打ち際!ピックアップ前にガツンと!

 

そうなんです!このヒラメミノーSR150Fはアクションが素晴らしいので、スローでじっくりと魅せて、

追わせて

追わせて

ガツン!

 

更にフローティングミノーは、波打ち際のブレイクで止めて

 

漂わせる

 

なんて事も可能であり、これは、非常に有効なテクニック。

秋の湘南サーフは、第一ブレイクにピンギスが群れます。

そんなんです!

ヒラメは、波打ち際にいるんです!

 

なので、遠投せずに岸際に

 

ななめキャスト!

 

ブレイクをスローでリトリーブします。

フローティングなので、レンジキープも安定。時折止めて漂わせ、また、スローリトリーブ。

フローティングミノーがポイントです。

それと、もう一つ、

 

ヒラメに対しルアーを横から見せてアピールしたい。角度を入れてのリトリーブの重要性を生かしたい。

 

ヒラメが、いるであろうポイントに対し、いろいろな角度からのアプローチの重要性。

 

トゥイッチをいれて、強制的にルアーを横にして、ヒラメにアピールしスイッチを入れるテクニックもあるが、結果を出す方はとにかく、考えて釣りをしている。

 

このシマノ ヒラメミノーSR150Fも戦略的攻めのセレクトのひとつ。

 

takuya氏オススメカラー

 

シマノ ヒラメミノーSR150Fは、どれも魅力的なカラーラインナップですが、オススメカラーをご紹介♩

 

🔴 ヒラメキャンディー

 

このカラーは、日が出た後から日中にとにかく強いカラー。ローテーションには必ず入れたい。また、座布団ヒラメの実績も高い人気カラー。

 

 

🔴 キョウリンピンク

 

 

元祖ヒラメハンター堀田光哉氏がサーフヒラメを狙うなら絶対このカラーだよ と言い切るのが

 

ピンク

 

なので、絶対必要なカラーであり全国的に釣れるカラー。更にキョウリン仕様は、シマノ独自のカラー。外せません!

 

🔴 キョウリンイワシ

 

 

 

サーフヒラメ究極のベイトカラー。鉄板であり安心感がハンパないです!このカラーも明るくなってから強いカラー。サーフヒラメは、日中でもゲームがしっかり成立します。満潮・干潮前後2時間のチャンスタイムは、しっかり集中してリトリーブしましょう。

カラー選びに迷ったら見切られない!キョウリンイワシです。

 

狂鱗

本物のイワシの鱗を最先端の技術で再現した「狂鱗」は、鱗の一枚一枚が独立して輝く画期的なホログラム。生命感にあふれる色彩や輝きはもちろん、重なり合う鱗の立体感にまで踏み込んだ新時代のリアルだ。魚を狂わせる鱗、だから「狂鱗」。

あと一歩でルアーを見切ってきた大型魚も、この輝きは見切れない‼️

 

 

 

 

本物のイワシから鱗を採取 開発はそこから始まった

百戦錬磨の大型魚を狂わせる本物感を武器に、テスト段階から数々の実績を打ち立てている狂鱗。その実力は別記した通りだが、開発過程で特筆すべきは、既存のホログラムパターンでは表現し得ない

「本当のリアリズム」

を追究するため、釣具メーカー自身が新たなホログラム作りに着手したことだろう。

プロジェクトのファーストステップは、生きたイワシから鱗を採取してスケッチに起こすことだった。次にそのイラストのアウトラインをデータ化し、イワシの拡大写真に重ねて本物の鱗が配置されている実際の間隔を再現。そのうえで鱗の一枚一枚が独立した形でしっかり輝くよう特殊な技術を導入。こうした地道な作業を積み重ねて生まれたのが、本物を超えるリアル"狂鱗"なのである。

※シマノHPより

狂鱗は角度によって色彩が七変化するだけでなく、質感や立体感の部分でもリアルを再現。一枚一枚の鱗はそれぞれが独立しているため、隣り合う鱗同士でもコントラストが発生。

まるで生きているような輝きを演出可能だ。

ヒラスズキの反応を見て疑いようのない実力を確信

実釣テストはオフショアのみならず、サーフキャスティングや河川のシーバスゲームでも行なわれ、着実に成果を挙げていたが、そのなかで特に開発チームが重要視したのがヒラスズキの反応だった。

眼球が大きく視力に優れたヒラスズキが、澄んだ潮の条件でも狂鱗を見切らずにバイトするのか?しかしテストの結果は上々。写真撮影を忘れるほどの連続ヒットを記録する日もあった。

 

 

青物に加えてヒラスズキも見切られることなくバイトに導く事実を目の当たりにし、

狂鱗ホログラムの実力が市場に送り出すにふさわしい性能であることを確信するに至ったのである。

 

 

人間も、魚も認める革命的なリアルホログラムの完成である。

 

※シマノHPより

 

tsurivibes 推しカラー

 

全カラー一軍のヒラメミノーSRですが、ここは、抑えたいカラーのご紹介♩

 

🔴 アカキン

朝マズメ 夕マズメの絶対定番カラー!アカキンの爆発力はハンパないです!

サーフヒラメ殿堂カラー

 

 

🔴 ピンクファイヤー

ゴールドとピンクのスペシャルコラボカラー。熱砂 超人気カラー!

マズメだけでなく、日中にも絶対な力を発揮。オススメです^_^

 

 

🔴 ヒラメゴールド

サーフヒラメ専用カラーの代名詞的カラー。背中のチャートとゴールドのコラボ。必ず手に入れたいカラー。

 

🔴 チャートファイヤー

サーフヒラメにチャート有効!このカラーは追加カラーの中でもシマノ的には比較的新しい方ですが、実力は凄まじいです!

座布団ヒラメに口を使わせる!

スイッチを入れてしまうスペシャルカラーです!

 

 

 

以上が厳選!tsurivibes 推しカラーです!必ずお持ちください!!

 

ヒラメミノーSR150の有効性

 

座布団ヒラメが潜む確率が非常に高いポイントとして、

 

根周りサーフ

 

がある。更に海藻も絡むポイントもあり、常にベイトフィッシュが付く環境にあるが、ここを攻略するには、メタルジグやワーム、シンキングペンシルでは根掛かりに悩まされる。

フローティングミノーなら、根の上をスローに引くことが可能!座布団ヒラメにしっかり見せて、根掛かりも回避。

 

そして、更にベイトが大きい時

そこで、ヒラメミノーSR150Fの出番!

ベイトがキス・イシモチ・ウルメイワシならば15センチのサイズもハマる。

また、20センチ以上のコノシロやマイワシ、サバにもかかんにアタックする座布団ヒラメにハイアピール!!

150mmのビックシルエットがマッチします。さらに、貫通ワイヤー搭載のため、青物がヒットしても安心してファイトできます。

圧倒的な遠投性能は、強力な武器に!

重心移動のウェイトを軸に吊るす形のAR-C VRシステムにより飛距離を伸ばす。「AR-C VRシステムは、細いミノーの内部で重心移動のストロークが稼げるから飛ぶ。しかも重心が低いので泳ぎが安定。また、AR-C VRシステムだから大型青物が喰っても安心の貫通ワイヤーが搭載できます。テールのキールのような形状と横アイも、そのためのギミック。#4の大型フックと大型リングを搭載し、大物とのファイトに備えます」

 

FとSの使い分けで攻め方のバリエーションが増やせる

 

「ヒラメミノーSRの使い方は、熱砂のルアーのコンセプトどおり、

 

投げて巻くだけで釣れます。

 

そのほかに、フローティングは、例えば沈み根の上で止めて浮かせて喰わせの間を入れたり、ロッドを縦にさばくトゥイッチで水面直下で小刻みに動かすといった誘い方ができます。

シンキングは、遠浅サーフで沈めて底をなめるように通すことができる。FとSの使い分けで、攻め方のバリエーションが増やせます」

シマノHPより

 

サーフヒラメオススメロッド5選!

 

数あるサーフロッドの中で、tsurivibes が選ぶ間違い無い選択。

まずは、

シマノ 熱砂リミテッド104MH

 

 

感度、軽さ、バットパワー、キャストフィーリング。完璧です。

このネッサリミテッド104MHは、遠投用のヘビーウエイトルアーも振り切れる為人気が高い。

堀田光哉氏のネッサリミテッドは、間違い無いです!

 

 

シマノ

ネッサCI41002MH

 

 

正直このクオリティーでこの価格は驚き。張りがあり、ヘビーウエイトルアーをフルキャスト出来る。

他社のブラックシップに迫るスペック。

サーフロッド最初の1本にもオススメ!流石シマノです。

 

ヤマガブランクス

アーリーサーフ109MH

 

 

EARLY 109MMHは、広大なサーフエリアを効率よく探り、かつ大物を獲るための性能を詰め込んだロングレングスモデルです。

 

 

10ft9inのレングスが生むプラグの遠投性に特化したバットパワーと、8g程度のシーバスプラグも使用出来る繊細なティップを融合したブランクスにより、遠距離での繊細なゲーム展開を実現しています。

長尺ながらも操作性と感度に優れ、サーフでのナイトゲームにおける潮圧の変化も見逃さず、離岸流や地形変化を読み解くゲームにも最適です。

45g前後のプラグ類をストレス無く扱えるので、ゴロタ浜・平磯でのマルスズキやヒラスズキゲームはもちろん、海サクラゲームにもオススメできる一本です。

ヤマガブランクスHPより

 

made in japan だからできるクオリティーにして、この価格は正直ありえない

ヤマガブランクスのサーフロッドのインパクトを強烈に印象付けたモデル。

ロッドの良し悪しは振れば歴然。だからこそ本物だから支持される。

サーフでは予期せぬ大物との遭遇でも持ち前のパワーで余裕を持ってのファイトは心強い。

現在このロッドも愛用しているが、価格も含め全力でオススメする一本。

 

 

ジャンプライズ

オールウェイク 107ハイパーフュージョン

 

 

 

オールウェイクも105から108。106から110。そして107ハイパーフュージョンへ進化!

井上氏の動画にもあるが、ポテンシャルの高さは規格外。

彼の拘りは本物。価格以上の価値を感じるスーパープレミアム仕様。井上クオリティーは、妥協を一切許さない。

レコードクラスとの戦いにも楽に挑める性能。オールウェイクは、サーフロッドの新基準を築いた傑作。オススメです。

ジャンプライズ オールウェイク107ハイパーフュージョン

108モンスターバトルのバットパワーを持ちながら、ティップ部は硬度を下げてマルチに近づけた構成。

抜群のキャスト性能と主導権を渡さないファイトはそのままに、小さなルアーへの対応範囲をさらに広げ、弾くバイトや早いバイトを逃しにくい新構成。

【SPEC】
[レングス] : 10.7ft [全長] : 323cm

 

[重量] : 約191g [適合ルアーウエイト] : 10~48g

[適合PE] : 1.2~1.7号
[適合リーダー] : 25~40lb

ジャンプライズHPより

 

 

 

天龍

Tenryu PowerMaster Sandwalker
PMS1032S-MLM

 

湘南の覇王 久保田剛之氏完全プロデュースのスペシャルモデル。

 

多くの方に天龍クオリティーを体感して欲しい。 そんな久保田氏の思いを有り得ない価格に反映。 完全国産プレミアムモデル。

 

久保田氏より

シーバスとフラットフィッシュゲームをメーンに作ったロッドですがサーフからのブリ位なら問題なくこなせると思います。

天龍のロッドの中ではハイエンドモデルではなく

『出来るだけ多くの人に購入しやすい価格帯で』

『天龍ロッドの素晴らしさを知ってもらう始めの1本に』

をコンセプトとして開発を進めてきました。

最新の最高の素材を使って・・・

というわけではなく、ブランク、ガイド、グリップ、西陣織りカーボン、これらをスペックの上がり幅の大きい所、価格の低い素材を組み込んでもスペックの下がりが少ない所をよく吟味して、その分テストや調整に時間をかけて仕上げてきた甲斐あって価格含めて良いロッドに仕上がったと思います。

 

実際にキャストしましたが、飛距離を意識した設計は、サーフでは頼もしい。近年は、サーフヒラメと同じエリアでブリの釣果も。

大型青物対応のロッドパワーは、マルチに活躍する。

地元湘南生まれのスペシャルロッドは、激戦区で、磨かれた最高傑作。

tsurivibes  太鼓判!!

 

 

以上が、オススメサーフロッド5選!

開発者の熱意あるれる魂の逸品。ぜひ!

 

 

まとめ

 

近年のサーフゲームではもちろん遠投性能は、強力な武器になっているが近距離戦も忘れてはいけない重要な要素。

特にこれからサーフゲームを始めルアーを購入していくと、気付いたらシンキングペンシルとメタルジグとワームのみ・・・

なんて事も。今回ご紹介のシマノ ヒラメミノーはサーフヒラメ専用設計がなんと言っても他のフローティングミノーに大きく差をつけている。

 

元祖ヒラメハンターの生み出すルアーのポテンシャルは釣果が実証!

 

自信を持ってオススメの逸品。ぜひ!お試しください。

 

🔴 根周り座布団ヒラメ攻略に!

🔴 広範囲から活性の高いヒラメを寄せたい時。

🔴 活性の低いヒラメにじっくり見せたい時。

🔴 近距離戦の柱に

🔴 大きく派手なアクションでリアクションバイトを狙いたい時。

🔴 他のフローティングミノーでは届かないエリアにフローティングミノーを入れてみたい時。

🔴 遠浅サーフヒラメゲームの柱に

🔴 シンペン、メタルジグのフォールアクションに反応せず、逆にボトムから浮き上がるアクションを試したい時

🔴 低活性のヒラメに有効

🔴 ヒラメにルアーをスローに見せたい時

🔴 一定のレンジを一定のリトリーブスピードでのただ巻きに

 

そして、最後にフローティングミノーのローテーション。

シマノ ヒラメミノーⅢ125Fとのサイズチェンジ。

ベイトサイズにシルエットを合わせる事は非常に重要。このローテーションも必ず試して頂きたい。

 

 

ヒラメミノーは、サーフヒラメはもちろんいろいろな魚種が釣れるのも魅力!

ぜひ!釣果UPの近道!

シマノ

ヒラメミノーお試しください!

いいねで最新釣り情報をチェック!TSURIVIBES FB

 

 

 

最新釣り情報をチェックするなら!

 

FBページいいねでリンクになります!

 

 

ブログではなく、FBページでもリアルな情報更新しております。

短い動画なんかもUPしてますので、ぜひ!ご覧下さい!

合わせて読みたいおススメ記事!