シーバス

湾奥ランカーシーバス降臨!ヒットルアー、ヒットパターン徹底解説 アクセルテスターkawamoto

 

湾奥ランカーシーバス炸裂!

9月に入りいよいよ秋のランカーシーズン突入!そんな中、オフィスアクセルテスターkawamoto氏からHOTな釣果が届いた!

 

湾奥ランカーシーバス捕獲攻略!

 

キャッチまでの貴重なレポートを寄稿頂いた。基本の大切さに経験値とセンスをプラスすると・・

 

〜旧江戸エリア〜

今回はホームのナイトウェーディング開幕戦でした。
ベイトも混在する時期ですのでアプローチ、レンジ、ルアーも様々。
イナっ子も10㎝くらいのサイズが水面を泳いでいたり。

真っ先にシャローランナーを投げたいところでしたが連日の雨の影響もあり水流も強く、ミノーを巻くには厳しいかな…

流れがあればあるほどポテンシャルを発揮するのがシンキングペンシルです。

逆に言えば流れが無ければ水押しの強いミノーの方が効果的です。

 

そこで ぶっ飛び君95Sを流れの中にキャスト。

その際、単に流れの中に投げても問題はないのですが、流されるベイトフィッシュをイメージするならシーバスは待ち構えて捕食するだろうな・・・

そこでアプローチするコースは流れが緩くなる場所や水底に変化のある場所までドリフトさせた時にやや上流側をルアーの頭が向くイメージで流しています。すると・・

 

今回もそんな感じでキャッチできました。

その後は定番ゲストのボラ、エイが掛かり、イナっ子もちらほら泳いでいたので水面直下を巻きで探りました。

すると元気な50㎝クラスが出ました。
やはり水面で追いかけているシーバスはアベレージクラス。
流れやストラクチャーに着いて待ち伏せしている個体の方が明らかに大きい。

 

 

タイドグラフよりも30㎝以上増水していることもあり、その日は陸に上がりました。

もちろんシンキングペンシルだけではなく、それ相応に流れの中を流せるミノーも効果的ですね。

湾奥エリアではお目にかかれませんがこれから落ち鮎のシーズンにも効果的なのではないでしょうか。(^ ^)

 

湾奥ランカーシーバスヒットルアー!

 

ジャンプライズ

ぶっ飛び君95S

言わずと知れた、シーバスは元より、サーフヒラメ・マゴチから青物まで抜群のヒット率を誇るスーパールアー。基本投げて巻くだけでも素晴らしいアクションで釣れてしまうが、上級者でも圧倒的な遠投力とドリフトアクション等独自のアクションも可能。幅広いレンジも探れる。

 

kawamotoオリカラぶっ飛び君95S

 

シーバスプロアングラーも認めるブラック!
シルエットがでるので、実は・・ただもんじゃないカラー。上級者は非常に好む。

 

kawamotoカスタムオリジナルカラー

 

ルアーの塗装・・剥がれてしまいますね。そんな時はリメイクがオススメです!オフィスアクセルでは、豊富な種類のホログラムシートから、コーティング塗料まで!
圧倒的なラインナップ!テスターのkawamoto氏の作品はアクセル製品で仕上げた物です。

 

 

 

また、あまりにも塗装が剥がれた時は、一度全て塗装を剥がして、一から完全オリジナルカラーなんかもオススメです!
だれも使った事のないこのカラーをあのポイントで・・

 

こんな妄想するのも釣りの楽しみの一つでもありますね!

 

オフィスアクセルFBページはこちらより

 

 

いいねで最新釣り情報をチェック!TSURIVIBES FB

 

 

 

最新釣り情報をチェックするなら!

 

FBページいいねでリンクになります!

 

 

ブログではなく、FBページでもリアルな情報更新しております。

短い動画なんかもUPしてますので、ぜひ!ご覧下さい!

合わせて読みたいおススメ記事!